TEF/関連技法

技法名 TPIモデル

技法名(英語:) TPI Model

概要

ソフトウェアテストプロセスの改善モデル。キーエリア毎に成熟度レベルを判定して改善に結びつける。登録商標なので、注意。

説明

Test Process Improvement(テストプロセス改善)

TMap: Test Management approach for structured testing という、各成熟度レベルに応じプロセスが存在するかのチェック等を行う。マトリクスには、キーエリアとレベルがある。キーエリアは、テスト戦略、尺度、欠陥管理など。レベルは、A〜D。

TPIは、Sogeti Nederland B.V., The Netherlands の登録商標なので、用語使用の際は注意。

使用例

補足

TMM・TMMiも参照のこと。「Test-CMM」も、本TPIやTMM・TMMiと同様にソフトウェアテストのプロセスの成熟度をモデリングしている。

参考文献

テストプロセス改善―CMM流実務モデル
テストプロセス改善モデルの比較分析 JaSST'03でのプレゼン
NTTデータでのTPIチーム

ウィキペディア/Wikipediaでの有無

 /

ご意見


total 31 today 1 yesterday 4

TEF/indexに戻る

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-01-29 (金) 12:22:51 (3773d)