TEF/関連技法

技法名 探針

技法名(英語:) Quality Probe

概要

日立製作所で利用された(されている)、ソフトウェアでのサンプリングテストのこと。

説明

学会等で日立製作所から発表され、普及してきているソフトウェアテストの手法。デバッグや実際の評価テストの前にサンプリング的なテストを行う。そこでのバグ発見率を元に、実際の評価テストでの総バグ数を類推する。

探針でのテスト項目は、本来のテストの10%〜20%。そこでの不良率を元に、上限/下限の総バグ数を求める。

使用例

補足

参考文献

高品質ソフトウエア ソフトウエア品質管理概論 (細部確認してない)

探針テストのTIPS

ウィキペディア/Wikipediaでの有無

 / (ウィキペディアで”探針”があるが、特性測定のための検出器=プローブの説明のみである。)

ご意見


total 33 today 1 yesterday 1

TEF/indexに戻る

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-01-28 (木) 23:31:20 (3774d)