TEF/関連技法

技法名 散布図(QC7)

技法名(英語:) Scattered Diagram

概要

散布図(さんぷず)とは、2種類のデータを持つ各点をグラフ上にプロットしたもの。いくつかの点をプロットすることで、その2つのデータの相関を把握する。

説明

2つのデータの相関を見る場合に多用される。3つのデータの相関を見る場合には、三次元の相関図(三次元相関図)を使う場合がある。あるいは、3つ目のデータをプロット点の大きさで表すことがある。後者の場合は、バブルチャートと呼ばれる。

使用例

補足

参考文献

ウィキペディア/Wikipediaでの有無

 WikiPedia.ja:散布図

ご意見


total 32 today 2 yesterday 0

TEF/indexに戻る

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-05-24 (日) 07:25:11 (4058d)