TEF/関連技法

技法名 工数_成果モデル

技法名(英語:)  

概要

工数と成果をマトリクス化して、そのプロセスを評価するモデル(手法)

説明

むしろ、例示としてソフトウェアテストのプロセス評価が示される事が多い。縦軸をテスト工数、横軸を欠陥発見数として、各プロジェクトやテストフェーズをプロットする。それにより、テストプロセスの比較や評価を行う。

使用例

補足

参考文献

SQuBOKガイド

Googleブックスでの「システム開発現場のプロジェクトマネジメント教科書」より。
http://books.google.co.jp/books?id=tbY78-tGcZ0C&pg=PA234&lpg=PA234&dq=%E2%80%9D%E5%B7%A5%E6%95%B0%E6%88%90%E6%9E%9C%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E2%80%9D&source=bl&ots=wCw5uZZJGk&sig=cre0n2XNfHBVbzIjLY8x6G7QviA&hl=ja&ei=ysdeS_6qN8-gkQWL4JT9Cw&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=4&ved=0CBYQ6AEwAw#v=onepage&q=%E2%80%9D%E5%B7%A5%E6%95%B0%E6%88%90%E6%9E%9C%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E2%80%9D&f=false

ウィキペディア/Wikipediaでの有無

 /

ご意見


total 18 today 1 yesterday 0

TEF/indexに戻る

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-01-26 (火) 19:48:25 (3776d)