TEF/関連技法

技法名 マトリックスデータ解析(新QC7)

技法名(英語:) Matrix Data Analysis Method

概要

統計学での主成分分析に該当し、要素(因子)間の関係が数値情報の場合に、それを図示化する手法。

説明

要素(因子)間の情報が数値情報で、関連性を示す合成変数(主成分)なる数値を定めて算出する。通常は主成分を2種類用意して、それを2次元表示することで、要素(因子)間の関連性を図示する。

使用例

補足

参考文献

暮らしに役立つ新QC七つ道具(3) ―― マトリックス・データ解析法:「要素間関係」を「要約」する

ウィキペディア/Wikipediaでの有無

 /

ご意見


total 25 today 1 yesterday 1

TEF/indexに戻る

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-01-28 (木) 22:48:08 (3774d)