TEF/テスト技法

技法名 直交表

技法名(英語) orthogonal array

説明

ブラックボックステスト技法の1つです。本技法の適用目的は、デシジョンテーブル(原因結果グラフ、CFD法を含む)と異なり、入力条件の組合せに仕様上は論理関係が特にないようなケースで全体の組合せを網羅的に確認することです。

この技法は、まず、ソフトウェアに与えられる入力の種類を因子としてリストアップします(例:用紙サイズ、用紙方向)。次に各々の因子に対してその選択肢を同値分割・境界値分析などを使用して決定します(例:用紙サイズという因子に対する水準は、A3、A4、B4、葉書など)。そして、選定した因子・水準に合わせた直交表を選択し割り付けを実施します。

使用例

電車の切符を発券するソフトウェアを考えてみましょう。

乗車駅、下車駅、大人・子供、枚数、表示言語などが入力あたります。特急指定券の発券システムを考えるとさらに、座席の位置、禁煙席の希望、席のグレード、往復券とするかといった因子が考えられます。それぞれの因子に対して水準を決定します。

例えば、因子・水準として、

因子水準
乗車駅A、B、C、D
下車駅近県、遠方
種別大人、子供
枚数1枚、3枚
表示言語日本語、英語

を選んだとします。

こちらを直交表に割り付けると、

No.乗車駅下車駅種別枚数表示言語
1A近県大人1枚日本語
2A遠方子供3枚英語
3B近県大人3枚英語
4B遠方子供1枚日本語
5C近県子供1枚英語
6C遠方大人3枚日本語
7D近県子供3枚日本語
8D遠方大人1枚英語

となります。乗車駅のそれぞれに対して、他の因子の水準のペアが全て現れていることに注目してください。また、下車駅、種別、枚数、表示言語については、任意に取り出した3つの因子の水準組合せが全て出現しています。

補足

今回の例では、任意の2因子間の総組合せ数が56個、3因子間の総組合せ数が128個でした。そして、2因子間の組合せ網羅率は100%(56/56)、3因子間の組合せ網羅率は62.5%(80/128)となっています。

参考文献

書籍: ソフトウェア品質管理事例集、ロバスト設計のための機能性評価、ソフトウェアテストHAYST法入門

total 28 today 1 yesterday 0

TEF/indexに戻る

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-08-22 (金) 19:38:59 (4306d)