テスト関連のツールに関するページ

テストツール情報サイト

  • 不具合からの脱却!テスト自動化ツール研究 / 「テスト自動化ツール」選定の厳しい視点(無償の会員登録が必要)
    • 2008/7/14
    • キーマンズネット / IT製品解体新書
    • http://www.keyman.or.jp/3w/prd/51/30002651/
    • (引用)Webシステムの品質に対する意識は高まってきているが、十分なテストの実施はそう容易なことではない。また、ソフトウェアは社会生活の中に奥深く入り込むようになったことから、その不具合がもたらす社会的・経済的損失は深刻さを増すばかりだ。こうした背景のもと、最近の開発プロジェクトではテスト工程を分業することが重要視されるようになり、ソフトウェアテストの自動化ツール効果的な利用に注目が集まるようになってきた。そこで今回はソフトウェアテストの自動化ツールにスポットを当てその基本から最新動向までをわかりやすく解説する。また、「IT製品選び方ガイド」ではテスト自動化ツール選びの視点を解説しているので是非ご参照いただきたい。
  • 「負荷テストツール」シェア(無償の会員登録が必要)
    • 2008/5/13
    • キーマンズネット / IT Top / 開発 / テスト・デバッグツール
    • http://www.keyman.or.jp/3w/prd/21/30002621/
    • (引用)日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ミック経済研究所の情報を元に、負荷テストツールのシェア情報をご紹介しよう。
  • ブレイク寸前!テスト自動化ツール大研究(無償の会員登録が必要)
    • 2007/6/25
    • キーマンズネット / IT Top / 開発 / テスト・デバッグツール
    • http://www.keyman.or.jp/3w/prd/74/30002174/
    • (引用)現在のシステム開発プロジェクトは、3〜6ヵ月という短納期型のものが増えている。納期条件が厳しくなる一方で、品質への要求も年々、高まっている。そこでSI企業や大企業の情報システム部門では短期間でより高品質のアプリケーション開発を行うために、テスト自動化ツールの導入を検討し始めている。今回は、テスト自動化ツールの概要とその活用メリットなどについて解説する。
  • テスト・ツール / 要件とテストを関連付け,管理者/開発者を支援
    • 池上 俊也
    • 2007/3/20
    • IT Pro / Data / 製品&サービス・レビュー
    • http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/REVIEW/20070320/265792/
    • (引用)情報システムの開発プロジェクトにおけるテスト工程を管理するソフトが,テスト・ツール(テスト管理ツール)である。テストの計画/実施/評価といった一連のプロセスを支援する。主な機能は,各種の情報を格納して関連付けるリポジトリ・データベース(リポジトリ),自動テストの実行管理,集計/分析の3つ。大きく,管理者を支援する製品と開発者を支援する製品に分かれる。
  • テスト手法とテストツール
    • 吉田 英嗣
    • 2006/3/31
    • ThinkIT / システム開発
    • http://www.thinkit.co.jp/free/marugoto/3/4/1/
    • (引用)テストはできるだけ効果のあるやり方で、できるだけ効率的に実施する必要があります。本稿では、そのためのテスト手法とテストツールについて説明します。
  • テストツール特集(無償の会員登録が必要)
    • 2005/12/1
    • コンポーネントスクエア / 情報発信特集シリーズ
    • http://www.c-sq.com/modules/article/article27.html
    • (引用)コンポーネントスクエアでは、各方面の協力により、Java開発、Web開発において必要とされる「テストツール」の一覧表を作成し、会員の皆様にご覧頂けるようにしました。

統合化ツール

  • IBM Rational Test RealTime(組込み向け)
    • 日本IBM&japan; / IBM.com&notjapan;
      • (抜粋)IBM Rational Test RealTimeは、コンポーネント・テストとランタイム分析機能を併せ持ったクロス・プラットフォーム・ソリューションです。組み込みアプリケーションからネイティブ・アプリケーションまで、あらゆる開発分野で使用することが可能です。自動ソースコード・レビューで、Cソースコード用のガイドラインにしたがっているかをレポートします。
  • WebKing(Webアプリ向け)
    • Techmatrix&japan; / Parasoft&notjapan;
      • (抜粋)WebKing は、Webアプリケーションテストツールです。HTMLやXML、JavaScript、CSSなどを静的に検証し、表示や動作、アクセシビリティ、主要なブラウザに対する互換性などに問題のある箇所を自動的に検出します。また、Webページが正しく表示されているかを検証する機能テスト、修正が正しく反映されているか、または、新たな問題点を発生させていないかを検証する回帰テストの実行が可能です。さらに、負荷テストの実施も可能です。
  • TestComplete
    • エクセルソフト&japan; / AutomatedQA&notjapan;
      • (抜粋)TestCompleteは、自動化された機能テスト、単体テスト、リグレッションテスト、マニュアルテスト、データ・ドリブン テスト、オブジェクト・ドリブン テスト、分散および HTTP 負荷テスト、ストレスおよびスケーラビリティ テストを提供します。.NET、Java、Visual C++、Visual Basic、WPF (XAML)、Delphi、C++Builder、および web アプリケーションをサポートします。

自動操作ツール

  • Functional Testing for Web Applications(旧エンピレックス・e-Tester)
    • 日本オラクル(PDF)&japan;
      • (抜粋)Automates testing of the most-complex Web applications, Web services, and associated technologies. Creates data-driven tests to drive your automated Web transactions. Provides default and user-defined test cases to validate application functionality. Tests custom .NET and J2EE Web applications. Supports all popular security protocols, as well as cookies and certificates.
  • HP QuickTest Professional
    • 日本HP&japan; / HP.com&notjapan;
      • (抜粋)HP QuickTest Professional は(略)回帰テストの自動化をサポートしています。このソリューションは、キーワード駆動型テストのコンセプトを使用して、テストの作成とメンテナンスを容易にします。テスト担当者は、専用のキャプチャ技術を使用して、アプリケーションから直接フローを取得することによって、テストケースを構築できます。また、テストの専門家も統合されたスクリプト作成およびデバッグ環境により、基盤となるテストおよびオブジェクトプロパティにフルにアクセスできます。
  • IBM Rational Functional Tester
    • 日本IBM&japan; / IBM.com&notjapan;
      • (抜粋)Rational Functional Testerは、機能テストおよび繰り返しテストの自動化ツールです。データ駆動型テストを自動化し、スクリプト言語または強力なエディターによりテストのオーサリングとカスタマイズを実施します。Java、Microsoft Visual Studio .NETおよびWebベースのアプリケーション・テストの高度な管理を必要とするテスターおよびGUI開発者を対象とした、機能テストと回帰テストの高度な自動化ツールです。ScriptAssureテクノロジーとパターン・マッチング機能により、アプリケーション・ユーザー・インターフェースの頻繁な変更にも柔軟に対応できるテスト・スクリプトを作成できます。
  • IBM Rational Robot
    • 日本IBM&japan; / IBM.com&notjapan;
      • (抜粋)Rational Robotは、QAチームがクライアント/サーバー アプリケーションの機能テストを実施するテスト自動化ツールです。既存のテスト・スクリプトを条件分岐させることによりアプリケーションのテスト範囲を拡大できます。また、外部DLLや実行可能プログラムを呼び出すテスト・ケースを定義できます。これらにより、経験豊富なテスト・エンジニアはより多くの障害を発見できるようになります。Java、Web、VisualStudio .NET など様々な技術に対応し、Oracle Forms、Borland Delphi、Sybase PowerBuilder アプリケーションのテストを実施します。
  • TestPartner
    • 日本コンピュウェア&japan; / Compuware.com&notjapan;
      • (抜粋)TestPartnerは、アプリケーションの機能テストや回帰テストを効率よく実施する機能テストツールであり、Microsoft .NET、JavaテクノロジおよびSAPで開発されたアプリケーションに標準で対応しています。 また、TestPartnerはGUI操作をテストスクリプトとして記録・再生することで、複雑な環境および繰り返し実施されるテスト作業に加え、コントロールや画像データなどの検証を自動化するだけでなく、テスト資産の一元管理とチーム内での共有をはかることができます。
  • Borland SilkTest
    • ボーランド&japan; / Borland.com&notjapan;
      • (抜粋)Borland SilkTestは、機能テストと回帰テストの自動化ツールです。わかりやすいGUIを採用した記録・再生機能に、使いやすいテスト言語を組み合わせることによって、アプリケーションの微細な変更に対応した機能テストと回帰テストが構築可能になっています
  • vTest
    • ライトスピード&japan; / Verisium&notjapan;
      • (抜粋)vTestは、Webアプリケーションの機能テスト及び回帰テストを自動化するテストツールです。GUI操作を行い、テストしたい操作をvTestに記憶させることで、何度でも自動的に繰り返しテストを行うことができます。
  • Satsumas
    • お台場システムズ&japan;
      • (抜粋)Satsumasは、Webアプリケーション開発用のモジュール(単体)・テストツールです。可能な限りプログラムやスクリプトは書かずにテストを実行する事を目標にしています。画面の入力項目に対する入力テストでは、画面仕様の入力項目の属性を指定するだけで入力テストを実行します。機能テストのテストケースでは、遷移した次画面の表示内容の値チェックやレイアウト・フォント・右寄せなどをサーバからの応答メッセージを解析してテスト判定します。画面仕様と画面単体の機能テストをExcelファイルからインポートする機能があります。
  • UWSC
    • umiumi&japan;
      • (抜粋)UWSCでは、マウスとキーボード入力を記録して再生する事ができます。(スクリプト形式ですので自由に編集する事ができます)強力なスクリプト言語によりアプリの操作ができます。(COMオブジェクト、DLLの利用も可能です)スケジュール機能により指定時間や指定ウィンドウが現れた時などの指定ができます。動作環境は、Windows 98 / Me / 2000 / XP / Vistaです。
  • QEngine Functional Testing Edition
    • アドベントネット&japan; / Adventnet.com&notjapan;
      • (抜粋)AdventNet QEngineは、Webブラウザを使用して、Webアプリケーション及び Webサービスの機能テストを行うことができます。 HTML、JSP、ASP、.NET、PHP、JavaScript/VBScript、XML、SOAP、WSDL などを利用したアプリケーションをテストできます。
  • HP WinRunner(サポート終了)
    • 日本HP&japan; / HP.com&notjapan;
      • (抜粋)段階的に 2 レベルのサポートを提供します。段階 2 (制限付きサポート) の後は、HP WinRunner のサポートは利用できなくなります。HP WinRunner の顧客はサポートに基づいてアップグレードを受ける資格を保持しており、保守契約の更新時に HP WinRunner ライセンスを同等の HP Functional Testing 9.5 ライセンスに移行することができます。HP Functional Testing 9.5 には、HP QuickTest Professional 9.5 + すべての HP QuickTest Professional 9.5 アドイン + HP WinRunner 9.2 が含まれています。
  • Quality Commander(実機テストの自動化向け)
    • 日本ノーベル&japan;
      • (抜粋)Quality Commander (クオリティコマンダー) は従来人手で行っていた携帯電話・カーナビ・タッチパネル・デジタル家電などの組込みソフトウェアのテストを自動化するシステムです。ロボットによる確実な操作とカメラを使った正確な画像判定で、人手で行う操作をそのまま自動化します。 Quality Commanderはテスト担当者の視点に立ったやさしい操作性で、プログラミング経験のない方でもカンタンにテストシナリオが作成できます。
  • Selenium(無償)
    • OpenQA&japan; / OpenQA&notjapan;
      • (抜粋)Selenium Core は、Webアプリケーションのテストツールです。Windows、Linux、Macintosh上のInternet Explorer、Mozilla、Firefox で動作します。Firefoxのプラグインとして動作すると、ブラウザ上の操作を記録し再生することができます。テストは純粋なJavaScript/DHTMLで書かれているため、アプリケーションのあるWebサーバにテストをコピーすることにより、クライアント側の任意のサポートされたブラウザでテストを実行することが出来るようになります。
    • テストを自動化する注目のツールSelenium / ITpro&japan;
    • SeleniumでWebアプリケーションテストを自動化(7回連載) / ThinkIT&japan;
  • TIBCO GITAK(General Interface Test Automation Kit)(無償)
    • TIBCO&notjapan;
    • CodeZine&japan;
      • (抜粋)TIBCOは、オープンソースのWebサイトテストツール「TIBCO General Interface Test Automation Kit 0.7」(GITAK)を公開した。TIBCO Developer Networkより無償でダウンロードできる。「TIBCO General Interface Test Automation Kit」は、Webサイトの入力チェック、ボタンの動作内容、JavaScriptの動作などを自動で一気にテストできるツール。すべてのテストがブラウザで完結するのが特徴だ。ダウンロードファイルにはサンプルが含まれているので、試しに動作させてみることができる。
  • Abbot(無償)
    • SourceForge&notjapan;
      • (抜粋)Abbot helps you test your Java UI. It comprises Abbot, which lets you programmatically drive UI components, and Costello (built on Abbot) which allows you to easily launch, explore and control an application. The framework may be used with both scripts and compiled code.
  • Jameleon(無償)
    • 解説Jameleon&japan; / SourceForge&notjapan;
      • (抜粋)Jameleon(ジャメレオン)はフリーのJavaの統合テストツールなのですが、受け入れテストの部分はJAVAを使ってなくても(CGIでもPHPで書かれていても)使えます。 Webアプリケーションの受け入れテストが自動化できます。

負荷テストツール

  • Load Testing for Web Applications(旧エンピレックス・e-Load)
    • 日本オラクル(PDF)&japan; / Oracle.com(PDF)&notjapan;
      • (抜粋)Oracle Load Testing for Web Applicationは、WebアプリケーションやWebサービスのパフォーマンスとスケーラビリティを簡単かつ正確にテストします。多数のパラメータ(構成可能なブラウザ・タイプ、接続速度、思考時間など)を包含する独自の仮想ユーザー機能を活用することで、テスターは実際のユーザーのようにWebアプリケーションとのやり取りを再現します。これにより、負荷のピーク時にアプリケーションのパフォーマンスがどのように変化するかを正確に理解できます。同ソリューションの仮想ユーザーは、負荷時でも厳密な機能評価を実施しながらマルチスレッド・ブラウザ・リクエストを生成できます。このほか、包括的なインフラストラクチャ・パフォーマンスの監視セットを提供します。これは、負荷テスト時にWeb サーバー、アプリケーション・サーバー、データベース、そのほかのインフラストラクチャのコンポーネントの詳細なパフォーマンス・メトリックを記録するものです。
  • HP LoadRunner
    • 日本HP&japan; / HP.com&notjapan;
      • (抜粋)HP LoadRunner を使用すると、新しいシステムまたはアップグレードをデプロイする前にボトルネックを検出できるため、本番環境でコストのかかるパフォーマンスの問題を回避できます。また、このソフトウェアでは、エンドツーエンドのパフォーマンスの測定、アプリケーションとシステムのボトルネックの診断、パフォーマンスを改善するための調整を、すべて 1 つの管理ポイントから実行できます。
  • IBM Rational Performance Tester
    • 日本IBM&japan; / IBM.com&notjapan;
      • (抜粋)Rational Performance Testerは、負荷およびパフォーマンス・テスト・ソリューションです。WindowsとLinuxベースのユーザー・インターフェースと分散コントローラー・エージェント・サポートを持っています。ツリー構造のテスト・エディターで高レベルかつ詳細なテスト・ビューを提供します。柔軟なモデリングと、さまざまなユーザー数に対するエミュレーションが可能です。動的なサーバー・レスポンスを自動識別します。カスタム・Javaコードの挿入が可能です。
  • QALoad
    • 日本コンピュウェア&japan; / Compuware.com&notjapan;
      • (抜粋)QALoadは、テストスクリプトを生成するWorkbench、負荷テストを行うConductor、Player、テスト結果を表示する Analyzeから構成されています。テストを行いたいアプリケーションに対し実際の操作を行うと、テストスクリプトが自動生成されます。スクリプトは専用ツールにより、自由に編集することが可能です。シナリオ(仮想ユーザー数や増加のタイミング、対象のサーバーなど)に基づき、VUと呼ばれる仮想ユーザーが対象システムに対し、 Workbenchで設定した操作を自動的に行います。テスト終了後、仮想ユーザー数やトランザクション数といった基本情報や、対象サーバーのリソース情報、レスポンスタイムといった情報を表示することができます。
  • Borland SilkPerformer
    • ボーランド&japan; / Borland.com&notjapan;
      • (抜粋)Borland SilkPerformerは、ソフトウェアの負荷、ストレス、パフォーマンスの自動化テストに対応します。専用のdynaTrace Diagnosticsを使用して、Javaおよび.NETアプリケーションの(負荷時の)パフォーマンスに関する問題を、コードレベルまで容易に特定して解決できます。ビジュアルなスクリプトレコーダと段階的なワークフローウィザードによって、新規のユーザーでも容易に操作を習得できます。Server Analysis Moduleにより、サーバー側のリソース利用状況をクライアント側の負荷テスト結果にマッピングできます。
  • Assam WebBench
    • 日立ソフト&japan;
      • (抜粋)Assam WebBenchは簡単な操作で負荷テストが可能です。各社性能管理製品との連携によりテスト段階のみならず運用段階までサポート致します。Webブラウザと同様な操作でテスト対象のWebシステムにアクセスすることによりテストシナリオを作成することができます。作成したシナリオに対して繰り返し回数や実行する仮想クライアントの数と仮想クライアントを実行するコンピュータを指定するだけで実行できます。また、携帯電話向けサイトをテストする場合は、エミュレータを使用するコンピュータから出力されるHTTPリクエストからシナリオを作成することができます。Assam WebBench はテストサイトごと、テスト実施者ごとのシンプルなライセンス体系となっています。仮想クライアント数などによって変わることはありません。
  • vPerformer
    • ライトスピード&japan; / Verisium&notjapan;
      • (抜粋)vPerformerはWebアプリケーションの負荷テストツールです。実際の画面操作を記録してテストスクリプトを作成し、多数の仮想的ユーザによりテストスクリプトを実行することで「サーバ応答時間」や「システムリソース」などの情報を取得し、リアルタイムでグラフを表示します。
  • SPIRENT/Avalanche
    • 東陽テクニカ&japan; / SPIRENT Communications&notjapan;
      • (抜粋)Avalanche(アバランチェ)はWebサーバ、ネットワーク周辺機器ストレッシングテスト専用機器の業界標準です。最大同時に500万人までのコネクションをシミュレートし、毎秒200,000を超えるHTTPリクエストを生成します。FTP、DNS、TELNET、各種メールプロトコル、ストリーミングプロトコルや、Session ID/ダイナミックURLをサポートしています。またユーザの“Think Time”をページ毎/リクエスト毎にそれぞれ指定可能です。また充実した結果解析ソフトウェア(Avalanche Analyzer)も動作します。
  • QEngine Performance Testing Edition
    • アドベントネット&japan; / Adventnet.com&notjapan;
      • (抜粋)AdventNet QEngineは、Webブラウザを使用して、Webアプリケーション及び Webサービスの負荷測定を行うことができます。 HTML、JSP、ASP、.NET、PHP、JavaScript/VBScript、XML、SOAP、WSDL などを利用したアプリケーションをテストできます。
  • WebSPARK
    • InterPress&japan;
      • (抜粋)Web SPARK製品は、Webアプリケーションシステムに対するレグレッションテストを実現するためのツール製品です。プログラミングをすることなく負荷テストのためのスクリプトを作成することができます。また、プログラミングを行うことなく動的な負荷テストを実施することができます。仮想クライアントはMicrosoft Internet Explorer が提供するReuse Web Browser Technology を採用しています。サーバから返される応答ページ内容を検証し、期待されるページが正しく返却されたかどうかをリアルタイムに検出します。仮想クライアント毎にユーザ名とパスワードなどの入力データを変化させるような負荷テストができます。WebSPARK9g製品はエンタープライズ版(仮想クライアント数無制限)でさえも10万円を大きく下回ります。
  • Application Center Test
    • マイクロソフト&japan; / Microsoft&notjapan;
      • (抜粋)Application Center Test は、Web サーバーのストレステスト実施と、Web アプリケーションのパフォーマンスおよびスケーラビリティの問題の分析を目的として設計されています。ASP および ASP が使用するコンポーネントも含まれます。各種認証方式および SSL プロトコルもサポートしています。機能面のテストを行う上ではプログラミング可能な動的テストが役に立ちます。
  • WebLOAD(無償)
    • WebLOAD.org&notjapan;
    • WebLOAD先従隗始&japan;
      • (抜粋)WebLOADとはオープンソースの負荷ツール(Webアプリ用)である。WebLOADは元商用製品ということで、無償でかつ比較的高機能なのではないかという期待を持てる。
  • JMeter(無償)
    • Ja-Jakarta Project&japan; / Apache Jakarta Project&notjapan;
      • (抜粋)Apache JMeterは、負荷をかけパフォーマンスを計測する100%ピュアJavaのアプリケーションです。静的、動的リソース(ファイルやCGI、Servlet、 Perlスクリプト、Javaオブジェクト)の両方について、パフォーマンスのテストを行うのに使われます。さまざまな負荷統計をプラグ可能なタイマーで選択可能です。
  • ab(無償)
    • Apache Software Foundation&notjapan;
    • Apacheパフォーマンス・チューニングのポイント/@IT&japan;
      • (抜粋)Apacheには、標準で「ab」(Apache Bench)というベンチマーク・ツールが付属している。abのオプションは、基本的に「同時接続数」と「リクエスト数」を指定する(しかし単一かつ同一のファイルをリクエストすることしかできない)。またabでは、リクエストの成否、1秒間に処理されたリクエスト数、接続時間・処理時間・待ち時間の内訳、転送速度などを測定することができる。
  • Web Application Stress Tool(無償)
    • マイクロソフト&japan; / Microsoft.com&notjapan;
      • (抜粋)WAS ツールは、Web サーバーに対して負荷を加えるツールです。複数のブラウザが Web サイトのページを要求するという環境を現実的に再現します。スクリプトを使用して比較的少数のクライアントによって多数の要求をシミュレートし、Web プログラムに関するパフォーマンスデータを収集することで、Web サーバーのパフォーマンスと安定性を評価できます。
    • ASP アプリケーションのロード テスト/マイクロソフト&japan;
  • Web Capacity Analysis Tool(無償)
    • Microsoft.com&notjapan;
    • WCAT (Web Capacity Analysis Tool) 6.3 の構築/マイクロソフト&japan;
    • MS Web Capacity Analysis Tool ユーザーズ ガイド(注:WCAT4.24ベースの記事です)&japan;
      • (抜粋)Microsoft Web Capacity Analysis Tool (WCAT) は、クライアント/サーバー構成において負荷のシミュレーションを実行するツールです。サイズが異なる複数の Web コンテンツ ファイルやASP (Active Server Pages) ページを使用して、さまざまな作業負荷に対するサーバーの応答をテストできます。SSLやCookieもサポートしています。最大 200 個の仮想クライアントを作成できます。40 を超えるあらかじめ用意されたテストがあり、さまざまな負荷をシミュレートできます。サーバーの応答に関する情報 (最短・平均・最長応答時間、確立された接続数、接続時間、エラー数、プロセッサ、物理メモリ、ディスク サブシステム、メモリ キャッシュなど)、 サービスの動作に関する詳細情報を収集できます。
  • TG(Transaction Generator)(無償)
    • tgmstr&japan;
      • (抜粋)"TG - Transaction Generator -" は、ORACLEやMySQLなど、商用・フリーのリレーショナルデータベースをターゲットとした負荷テストツールです。SQLをベースとした負荷の生成を行います。具体的には、ユーザによって任意に入力されたSQL文を複数の仮想ユーザからランダムに発行し、直接データベースサーバへ負荷をかけます。JDBCドライバがサポートされているデータベースであれば、TGはいかなるデータベースにも接続・負荷がけを行うことが可能です。

テスト管理ツール・品質管理ツール

  • テスト管理ツールはバグ管理ツールを兼ねていることが多いです。
  • Test Manager for Web Applications(旧エンピレックス・e-Manager)
    • 日本オラクル(PDF)&japan; / Oracle.com(PDF)&notjapan;
      • (抜粋)Manages end-to-end traceability from requirements and testing to defects. Generates integrated Web-based reporting for the entire testing process. Provides completely customizable data schema to fit your testing methodology. Allows for synchronization with third-party data sources and test automation tools. Provides ubiquitous access through a zero-footprint, thin client Web interface.
  • HP TestDirector for Quality Center
    • 日本HP&japan; / HP.com&notjapan;
      • (抜粋)HP TestDirector for Quality Center は、ブラウザ経由でテスト資産にアクセスできます。エンド・ツー・エンドの品質管理インフラストラクチャを作成します。手動テストと自動テストを管理できます。無人の常時(24 時間 365 日)テストをスケジュール設定して自動的に実行できます。テストプロセスのどの時点でも、統合グラフやレポートを使用して、アプリケーションが出荷できる状態かどうかを分析できます。
  • HP Business Process Testing
    • 日本HP&japan; / HP.com&notjapan;
      • (抜粋)HP Business Process Testing softwareはロールベースのテスト自動化システムです。業務設計者がスクリプトフリーでテストの作成、データ起動、実行を行い、手動および自動の両方のテスト定義を高度に再利用可能なビジネス定義として使うことができます。Microsoft Word形式のテスト計画書が自動生成されます。
  • IBM Rational Manual Tester
    • 日本IBM&japan; / IBM.com&notjapan;
      • (抜粋)Rational Manual Testerは、手動テストのオーサリングおよび実行ツールです。手動テストのスピードアップ、テスト適用範囲の拡大、信頼性の向上を促進します。テスト手順の再利用を促進することで、ソフトウェア変更による手動テスト保守作業への影響を低減します。テスト手順にイメージや文書を添付できるリッチ・テキスト・エディターを使用することにより、わかりやすくテスト手順を伝達することができます。テスト実行中のデータ入力およびデータ検証支援により、人的エラー(入力ミスなど)を低減します。WordやExcelで作成した既存の手動テストをインポートできるほか、テスト結果をCSV形式のファイルにエクスポートし、他社製ツールで分析できます。
  • Borland SilkCentral Test Manager
    • ボーランド&japan; / Borland.com&notjapan;
      • (抜粋)Borland SilkCentral Test Managerは、高性能なソフトウェアテスト管理ツールです。すべてのテストフェーズを、Webベースのテスト管理ツールで一元的に管理できます。自社・他社製テストツールを実行・管理するためのビルトインサポートを提供します。混在環境やクロスプラットフォーム対応のテストを実施するためにVmware仮想化技術を用いています。コードカバレッジ技術を活用してテストとコードとを関連付けることにより、コード変更に伴うテスト内容の修正プロセスを大幅に改善できます。Manual Test Clientを使用して、一貫したデータ収集とレポート作成を繰り返し実行できます。プロジェクトの状況、要件とテストカバレッジ、品質傾向、スケジュール、テストの種類、欠陥傾向などの情報を含む、オープンソースのBIRTを備えた高度なレポートを作成します。
  • Qualityflow
    • 大日本スクリーン製造&japan;
      • (抜粋)Qualityflowは、「要求管理システム」「テスト管理システム」「障害管理システム」「ドキュメント管理システム」の4つのシステムで構成されます。Qualityflowは障害の「重要度」「優先度」「発生確率」を定め、RI(Risk Index)を算出することで、障害の影響度を判定します。また直交表ツールも付属しています。
  • vManage
    • ライトスピード&japan; / Verisium&notjapan;
      • (抜粋)vManageは、テストの要件管理、テストケース作成/実行管理、不具合追跡管理などをチーム全体で情報を共有します。
  • AEPソリューション
    • Techmatrix&japan; / Parasoft&notjapan;
      • (抜粋)AEPソリューション(Jtestを例にご紹介します)は、「個々の開発者が使用するJtest Professional Edition」と「テスト設定を統一化するTeam Configuretion Manager(TCM)」 、「開発の進捗やテスト結果、プログラムの信頼性などを確認できる統計情報を提供するGroup Reportiong System(GRS)」、「GRSに必要な統計情報を得るためにナイトリービルドテストを実行するJtest Server Edition 」から成り立っています。
  • Borland Gauntlet
    • ボーランド&japan; / Borland.com&notjapan;
      • (抜粋)Borland Gauntletは、アジャイル開発のための継続的インテグレーションとテスト自動化ツールです。バージョン管理ツールとの連携によって、開発業務を継続的に分析、評価できます。また、詳細な結果を内蔵のDatamartに収集して一元管理することで、より効率的な分析が可能になります。ダッシュボードでは、ビルドパフォーマンス、テスト結果、コードカバレッジ、およびプロジェクト作業などに関する、リアルタイムのスナップショットと評価基準の履歴傾向を示すことができます。独自のテストや第三者によるテストのための、オープン型のプラグインインターフェースが用意されており、FindBugsや CheckStyleなどの単純なソースコードアナライザーなどあらゆるものを自動化して結果を関連付けできます。
  • TestLink(無償)
    • 日本語化プロジェクト&japan; / 本家&notjapan;
      • (抜粋)TestLinkはWebベースでフリーのテスト管理ツールです。テストケースの登録・管理・評価実行を行い、評価結果の集計をリアルタイムに行います。登録したテストケースを仕様書(WORD)の形で出力します。テストケースをテスト担当者に割り当てます。Mantis,Bugzilla,Trac,RedMine等のバグ管理システムと連携します。テストケースのバージョン管理・ネット共有が可能です。要件定義とテストケースの関連付けができます。
  • Trac TestCaseManagement Plugin(無償)
    • trac Hacks&notjapan;
      • (抜粋)I've developed a test case management tool that uses subversion as the testcase repository and uses the ticket framework in trac to create test runs. Some of the common problems that any testcase management tool faces are: 1. assigning a group of tests to a testing resource(s) 2. versioning of the test cases 3. reporting on results and progress.
  • QE-EXPERT
    • 日立&japan;
      • (抜粋)QE-EXPERTは品質管理を中心としたプロジェクト管理を支援するツール群の総称です。障害管理票(B票)、仕様変更管理票(C票)、プログラム変更票(P票)をWeb上で登録、参照、検索することが可能です。B/C/P票データからコード分類による不良傾向分析、マトリックス集計などを表・グラフ形式で出力し、定性的な面から品質評価を行います。不良件数、テスト項目件数、カバレージデータの品質目標値に対する達成度評価や相関評価など定量的な面から品質評価を行います。また、弱点機能を抽出することも可能です。不良摘出解決状況管理図(バグ死滅曲線)により工程の進捗管理を行います。摘出した不良件数を時系列で見ることでプログラムに残存する不良件数を予測します。探針(サンプリングテスト)の結果からプログラムに残存する不良件数を算出します。
  • Duespc
    • オムロンソフトウェア&japan;
      • (抜粋)Duespc(デュースペック)は、収集した計測データを様々な管理図やグラフを用いて統計処理を行うためのソフトウェアです。
  • ObjectWorks+/TEST
    • 野村総合研究所&japan;
      • (抜粋)テスト工程に対する各種支援機能です。テストケースの生成や自動実行などに加え、証跡を自動保存したり、比較します。

バグ管理ツール(Bug Tracking System: BTS)

  • IBM Rational ClearQuest
    • 日本IBM&japan; / IBM.com&notjapan;
      • (抜粋)IBM Rational ClearQuestは、障害や変更の追跡機能を持ち、プロジェクトのライフサイクルを通しての問題を管理できます。エンタープライズ・テスト管理は、全ての開発とテストのアセットを管理することを可能にします。リアルタイムで包括的なステータスとレポーティングにより、プロジェクトの可視化と内部監視を向上します。電子署名、ユーザーの認証、ユーザーの権限、監査追跡とライフサイクル追跡機能がコンプライアンスの義務遂行をサポートします。
  • ExtraView
    • 東陽テクニカ&japan; / ExtraView&notjapan;
      • (抜粋)ExtraViewは、issue(不具合情報をはじめ、開発仕様、変更要求、FAQ、クレーム情報、文書ファイルなどビジネスの中で発生するさまざまな情報)を、業界標準のデータベースを用いて一元管理します。単なる不具合管理システムと異なり、容易なカスタマイズによって企業レベルのワークフローを定義し、構築し、それに従った運用を進めることができます。
  • SIMPLIA/MF-ProductQ
    • 富士通&japan;
      • (抜粋)SIMPLIA/MF-ProductQは、障害レポートの発行・回答・確認を実施できます。障害情報の検索や分析による品質のチェックが可能です。標準提供の分析(集計)機能やレポート出力機能により報告資料を簡単に作成可能です。
  • PRISMY
    • 東芝情報システム&japan;
      • (抜粋)PRISMY(Project Infomation Sharing and Managing System)は不具合(バグ)管理を行う上での最適なワークフローを提供する管理システムです。メトリクスの収集と分析も行います。
  • xDTS
    • ニルソフトウェア&japan;
      • (抜粋)xDTS は,ソフトウェア開発において発生するリスク,課題,要求,変更,不具合,テストなどの各種情報を,ステータスを持ったレポートとしてWebサーバ上で管理することで情報共有を容易に実現します.
  • JIRA
    • イマヒマ&japan; / Atlassian.com&notjapan;
      • (抜粋)JIRAは、課題トラッキング&プロジェクト管理アプリケーションです。更新内容、添付ファイル、コンポーネント、バージョン等のトラッキングが可能です。
  • BugLister
    • Buglister.jp&japan; / Hajo Kirchhoff&notjapan;
      • (抜粋)BugListerはバグ、機能、TODOの管理を支援するツールです。シンプル、簡単、小さいを特徴とするツールです。
  • 影舞(無償)
    • 大福屋&japan;
      • (抜粋)影舞は、Rubyで書かれたバグトラッキングシステム(Bug Tracking System : BTS、バグ管理システム)です。データベースがなくても動きますし、PostgreSQL/MySQL/SQL Serverを用いたデータ保存もできます。日本語がおおむね正しく扱えます。
  • Bugzilla-ja / Bugzilla(無償)
    • Bugzilla-ja&japan; / Bugzilla&notjapan;
      • (抜粋)Bugzilla-jaは、Bugzillaを日本語環境でもまともに利用できるようにi18n(国際化) 対応および日本語化するプロジェクトです。Bugzillaとは、「問題追跡システム」または「バグ追跡システム」と呼ばれるもので、開発者が個人やグループで、製品に存在する問題を洗い出して追跡し、効果的な解決の手助けをするシステムです。商用のバグ追跡システムもありますが、Mozilla プロジェクトではオープンソースソフトウェアとして、誰もが自由に利用できるようにしています。
  • Trac-ja / Trac(無償)
    • Trac-ja/インタアクト&japan; / Trac/Edgewall Software&notjapan;
      • (抜粋)Trac とは、スウェーデンにある EdgeWall Software が開発したプロジェクト管理ツールです。バグトラッカ(チケットシステム)が主な機能です。Wiki の活用により、単なるバグトラッカではなくプロジェクトポータルとして利用できます。Subversionリポジトリブラウザを使用することで、コミット内容やファイルの状態などが簡単に表示できます。Trac-ja はフリーウェアです。
  • Mantis(無償)
    • Mantis日本語情報&japan; / Mantis&notjapan;
      • (抜粋)Mantisは、Kenzaburo Ito氏が開発し、Mantisチームにより開発、メンテナンスされているWebベースのバグ管理システムです。PHP、Webサーバ(apache、IIS)、MySQLがあれば、Windows、OS/2、MacOS、Unix互換OSで動きます。 GPLライセンスにもとづいて利用できるオープンソースです。
  • Scarab-jp / Scarab(無償)
    • SourceForge.jp&japan; / Tigris.org&notjapan;
      • (抜粋)Scarabとは、http://scarab.tigris.org/で開発されているOpen Sourceプロダクトです。BSD/Apache Styleのライセンスで公開されています。ScarabはIssue Tracking Systemです。Bugzillaに代表されるBug Tracking Systemを一般化し、技術的なプロジェクトだけでなく、どんなプロジェクトにも活用できるように設計されたシステムです。プロジェクトの懸念事項やタスク (Issue)の追跡を可能にします。
  • GNATS(無償)
    • FSF&notjapan;
    • EASEプロジェクト(PDF)&japan;
      • (抜粋)GNATSとは、GNUプロジェクト関連のBug Tracking Systemです。オープンソースです。UNIX系OSで動作します。メールを使って情報共有をします。(RDBMSなどを用いずに)プレーンテキストのみで問題を管理します。
  • 障害管理システム(無償)
    • テクノホロン&japan;
      • (抜粋)障害管理システムは、製品開発から出荷後に至る製品のライフサイクルの中で発生するすべての障害と要望を管理することを目的としています。情報をサーバ上で管理し、クライアントからWeb経由で対処状況一覧や個々の対処内容にアクセスすることを可能にします。これにより開発・出荷の一連の作業の中で関係者の誰もが情報にアクセスできるようになり、品質管理が容易となります。障害管理システムでは、障害と要望とを同じレベルで管理します。
  • ザ・障害管理票(無償)
    • Trastic Software&japan;
      • (抜粋)ザ・障害管理表はLANで共有されたネットワークを通じて不具合発生から対応者への通知、対応内容などを管理し不具合対策がされたか否かの状況を管理する事が出来るソフトです。なお、本ソフトのデータベースは独自開発したISAMデータベース「GSXDB」を使用していますので、Accessなどのデータベースソフトをお持ちで無い方でも簡単に導入出来ます。フリーソフトです。
  • CVSTrac(無償)
    • CVSTrac&notjapan;
      • (抜粋)A Web-Based Bug And Patch-Set Tracking System For CVS, Subversion and GIT. Automatically generates a patch-set log from check-in comments. Built-in Wiki. Uses a built-in SQL database engine (SQLite) - no external RDBMS required. GNU Public License.
  • JitterBug(無償)(更新停止)
    • JitterBug Project&notjapan;
      • (抜粋)JitterBug is a web based bug tracking system. It is now available under the GNU General Public License. JitterBug operates by receiving bug reports via email or a web form.
    • JitterBugの解説&japan;

単体テストツール

  • Jtest(Java向け)
    • Techmatrix&japan; / Parasoft&notjapan;
      • (抜粋)Jtestは、テストケースを自動生成し、Javaアプリケーションの単体テストを自動実行します。また、約700個の静的解析コーディングルールを使用してソースコードを解析し、問題点を指摘します。複数のクラスやパスにまたがるフローを解析する『バグ探偵』の機能が加わりました。
  • C++test(C/C++向け)
    • Techmatrix&japan; / Parasoft&notjapan;
      • (抜粋)C++testは、C/C++プログラムの単体テストに必要なテストドライバ、テストスタブ、テストケースを生成し、単体テストを自動実行することで実行時例外やエラーを検出します。ソースコードを静的解析し、エラーを引き起こす可能性のあるコードを自動検出します。処理フローを解析して、メモリリークやゼロ除算、未初期化メモリなどを検出する『バグ探偵』機能を搭載しています。
  • .test(.NET向け)
    • Techmatrix&japan; / Parasoft&notjapan;
      • (抜粋).TEST (ドットテスト) は、.NETアプリケーションの単体テストに必要なテストドライバ、テストスタブ、テストケースを生成し、単体テストを自動実行することで実行時例外やエラーを検出します。 ソースコードを静的解析し、エラーを引き起こす可能性のあるコードを検出します。 Server Editionには、処理フローを解析して、メモリリークやゼロ除算、未初期化メモリなどを検出する『バグ探偵』機能を搭載しています。
  • LDRA
    • 富士設備工業&japan; / LDRA&japan; / LDRA&notjapan;
      • (抜粋)LDRAテストツールは、静的解析、カバレッジ解析、テストドライバ生成機能を融合します。MISRA C++:2008を既にサポートし、IEC61508,ISO26262,DO-178Bに対応しています。
  • カバレッジマスターwinAMS
    • ガイオテクノロジー&japan;
      • (抜粋)「カバレッジマスター winAMS」は、クロスコンパイラで生成した「実装マイコンコード」を評価対象として、マイコンシミュレータ(ISS)で単体テスト(ユニットテスト)実行を行う仕組みを持つテストツールです。Cソースの論理レベルでの単体テストに留まらず、組込み特有のマイコンへの実装に依存した問題点を検出できます。テスト網羅率を示すカバレッジ結果を自動レポートします。
  • SIMPLIA/JF JTestGenerator(Java向け)
    • 富士通&japan;
      • (抜粋)SIMPLIA/JF JTestGeneratorは、Java言語を使用したプログラムテスト工程を支援するためのツールです。Java言語で記述されたソースプログラムまたは、コンポーネントインターフェースファイル(定義例)を解析しテスト項目となる情報を抽出しますので、テスト仕様書を作成する基データとしてご利用できます。
  • SIMPLIA/JF JudgePruefer(Java向け)
    • 富士通&japan;
      • (抜粋)SIMPLIA/JF JudgePrueferはJavaの機能(メソッド)テストケースの設計からドライバ生成・自動実行・結果検証までテスト作業を統合支援するツールです。またリグレッションテストを自動化します。テスト対象となるアプリケーションのタイプは 「クラス」、「Java アプリケーション」、「EnterpriseJavaBeans (EJB) 」、「Servlet」、「JSP」 の5つです。
  • AgitarOne JUnit Generator(Java向け)
    • Agitar.com&japan;
      • (抜粋)AgitarOne JUnit Generatorでは、新規コードとレガシーアプリケーションの両方に対し、JUnitテストの徹底的なリグレッションセットを作成します。現存するコードの挙動を記録するテストが作成されます。
  • AgitarOne Agitator(Java向け)
    • Agitar.com&japan;
      • (抜粋)AgitarOne Agitatorでは、開発者によるJavaクラスやメソッドの記述時または変更時に、コードの挙動を独自かつインタラクティブに理解する機能が提供されます。アジテーションでは、開発者が、予想されるコードの挙動の認証、および予想外の挙動を検出するための支援を行います。
  • CrossTest(C, C++向け)
    • エーアイコーポレーション&japan; / Cross Test&notjapan;
      • (抜粋)CrossTest は、単体テスト/結合テストサイクルを自動化するための統合ソリューションです。多種多様なホスト、ターゲットおよび開発環境に対応します。ソースコードを自動的に解析し、テストケースを生成し、実行し、回帰テストを実行し、カバレッジを解析し、結果レポートを生成します。
  • Cantata++(C, C++向け)
    • エーアイコーポレーション&japan; / IPL&notjapan;
      • (抜粋)Cantata++ は、「テストケース生成」 「カバレッジ解析」 「静的解析」 機能を備えた統合動的テスト支援ツールです。プログラムのテストに必要なテストスクリプト(テストケース、ドライバ、スタブ)を可読性の良いC/C++言語で生成します。また、ラッパー機能を使用することで、組込みソフトウェア特有の異常処理やハードウェア依存部、モジュール結合時の外部インターフェース部などの検証を早期に行うことも可能です。
  • テスティングフレームワーク各種(無償)
    • アジャイル横町&japan;
      • (抜粋)テストファーストプログラミング、テストの自動化において欠かせないテスティングフレームワークを紹介します。全てフリーソフトウェア(オープンソース含む)として提供されている。

静的解析ツール

  • 単体テストツールが静的解析ツールを兼ねていることもあります。そちらもご覧下さい。
  • QAC(C向け)
    • 東陽テクニカ&japan; / Programming Research&notjapan;
      • (抜粋)QAC は、C言語ソースコード用のディープフロー静的解析ツールです。より安全なソースコードに改変するべき箇所、あるいは言語規格やコーディング標準から逸脱している箇所を検査することができます。MISRA適合度評価モジュールをアドオンすることによって、C言語で記述されたソースコードがMISRA Cコーディング標準(MISRA-C:1998またはMISRA-C:2004)に適合しているかどうかを評価することができます。45 種類以上のソフトウエア・メトリックスを用いてソースコードを計算できます。コーリングツリー解析図、関数の制御構造図などを出力できます。
  • QAC++(C++向け)
    • 東陽テクニカ&japan; / Programming Research
      • (抜粋)QA C++ は、ISO C++ 言語規格に完全準拠したC++ 用ディープ・フロー静的解析ツールです。約650個のチェック機能により問題点を抽出でき、コードレイアウトチェック機能を持ちます。ソフトウェア・メトリックスを擁して、コードの品質を定量化できます。コーリングツリー, クラス継承図等によるビジュアル化が可能です。
  • Rational Software Analyzer(C, C++, Java向け)
    • 日本IBM&japan; / IBM.com&notjapan;
      • (抜粋)Rational Software Analyzerは、開発ライフサイクルの初期段階からソフトウェア・コードのレビュー、バグの発見、プログラミング標準への準拠を支援できます。C/C++ 言語に対する 138個のコード・レビュー・ルールを持っています。コード・レビュー、アーキテクチャー・ディスカバリー、詳細な解析を含む、Java言語に対する550を超えるコード・レビュー・ルールを持っています。42個のJava ソフトウェア・メトリクス・ルールを持っています。
  • CodeWizard(C, C++向け)
    • Techmatrix&japan; / Parasoft(C++testに搭載?)&notjapan;
      • (抜粋)CodeWizard は、C/C++対応静的解析ツールです。500個のコーディングルールを使用して、ソースコードを静的に検証します。また、ユーザ独自のコーディングルールを作成することも可能です、
  • Coverity Prevent(C, C++, C#, Java向け)
    • Coverity&japan; / Coverity&notjapan;
      • (抜粋)Coverity Preventは、プロシージャ間データフロー解析として、すべてのパスおよびすべてのコール チェーンにわたるデータ値を追跡します。フォールスパスプルーニングとして、すべてのパスを解析し、実行時に実行不可能なパスを自動的に取り除きます。誤検出率は通常、20%以下です。統計的解析として、ソース コードから直接、APIルールを習得し、矛盾点を指摘します。
  • CasePlayer2(C, アセンブラ向け)
    • ガイオテクノロジー&japan;
      • (抜粋)CasePlayer2 は、ANSI準拠C言語、組み込み向けC言語(非ANSI)、アセンブラのソースコードを解析して、フローチャートなどのプログラム仕様書を作成するツールです。「外部変数」の参照/代入の一覧作成機能や、C言語コーディング規約「MISRA-C」のルールチェック機能を搭載しています。
  • anyWarp CodeDirector for C/C++(C, C++向け)
    • 日立ソフト&japan;
      • (抜粋)anyWarp CodeDirector for C/C++ は、プロジェクトで定めた標準化規約に基づき、 ソースプログラムを一括して解析します。IPA/SECコーディング作法ガイド、MISRA Cルールを実装しています。
  • Imagix4D(C, C++向け)
    • 東陽テクニカ&japan; / Imagix.com&notjapan;
      • (抜粋)Imagix 4D は、大規模化および複雑化する C/C++ プログラムのための、リバースエンジニアリングおよびドキュメント作成ツールです。 ソースコードのフローを強力なクエリ機能とグラフィカル機能でビジュアル化することにより、コードの構造を明らかにし、開発者が容易にこれを理解/把握できるようにします。
  • LATTIX(Java, .Net, C, C++, Oracle向け)
    • Techmatrix&japan; / Lattix.com&notjapan;
      • (抜粋)Lattixは、DSM(Dependency Structure Matrix)手法をソフトウェアに応用し、Java、.Net、C/C++アプリケーションのアーキテクチャや、Oracleのデータベースのアーキテクチャを分析し、構成要素(サブシステムやモジュール、ファイル、関数など)の依存関係を表形式(マトリックス)に表示します。また、パーティショニングや、影響度分析、メトリックス分析など様々な機能を備えています。
  • PolySpace(C, C++, Ada向け)
    • エーアイコーポレーション&japan; / MathWorks&notjapan;
      • (抜粋)PolySpaceは、ソフトウェア実行時のエラーを検出するソースコードの静的検証ツールです。テストケース作成やプログラム実行は不要で、数学理論に基づいた静的解析技術により、任意の実行の全ての演算を検証します。ソースコード中の不正ポインタ参照やオーバーフロー・アンダーフロー、ゼロ除算、配列インデックス境界エラー、未初期化変数参照などの実行時エラーの有無を検証します。
  • CodeSonar(C, C++向け)
    • エーアイコーポレーション&japan; / GrammaTech&notjapan;
      • (抜粋)CodeSonarは、C/C++で書かれたソースコードをコンパイル時に、深く解析し、様々な種類の重大なバグとセキュリティ上の脆弱性を検出します。通常は検出困難な不具合(バッファオーバランなどの実行時エラー、セキュリティ脆弱性など)を徹底的に検出します。また、パス解析、データフロー解析を行います。
  • Development Assistant for C(C, アセンブラ向け)
    • エーアイコーポレーション&japan; / RistanCASE&notjapan;
      • (抜粋)DACは、エディタ、ドキュメントジェネレータのみならず、コードレビュー支援、コーディング規約チェック、エラーリスクとテスト性評価を目指して開発されました。プログラム構造のハイライト表示とフローチャート作成、コール階層・データフロー図と型階層図、MISRA-Cチェッカーなど静的チェック機能とソフトウエアメトリクス測定が可能です。
  • PGRelief(C, C++向け)
    • 富士通&japan;
      • (抜粋)PGReliefは、C/C++のソースプログラムを解析し、単純なコーディングミスから論理的な誤りまで的確に指摘します。また、不当なメモリアクセス、メモリリーク、誤ったメモリ開放や性能を悪化させる記述なども指摘します。無駄な指摘を抑え、障害原因とはならない箇所については指摘しない工夫を施しています。各指摘メッセージについてその意味や対処方法を例を交えて詳細に解説したドキュメントを用意しています。IPA/SECコーディング作法ガイドの129個中114個のルールについてチェックします。オプションで、MISRA-C ルール適合性をチェックします。
  • Review-C(C向け)
    • NEC通信システム&japan;
      • (抜粋)C言語のよくある間違いをツールでチェックし解説します。MISRA Cルールにも対応しております。
  • Telelogic Logiscope(C, C++, Ada, Java向け)
    • 日本テレロジック&japan; / Telelogic.com&notjapan;
      • (抜粋)Telelogic Logiscope は、コード確認の自動化と、エラーが発生しやすいモジュールの識別および検出を行います。バグが含まれる可能性が最も高いモジュールを識別し、関数の構造を表示して、改善点を明確にします。
  • BugBusters ソースコードチェックツール for C/C++(C, C++向け)
    • ソフトウェア興業&japan;
      • (抜粋)ソースコードチェックツール for C/C++ は、ソースコード中のバグを引き起こす可能性のある危険な記述を指摘するツールです。また、フローチャートやクラス継承図などのドキュメントの自動生成も行ないます。
  • anyWarp CodeDirector(Java向け)
    • 日立ソフト&japan;
      • (抜粋)anyWarp CodeDirectorは、コーディングルールに基づき、開発中のソースプログラムを一括して解析します。
  • McCabe IQ(C、C++、Java、Visual Basic、COBOL、Fortran、Ada、Perl向け)
    • エーアイコーポレーション&japan; / McCabe Software&notjapan;
      • (抜粋)McCabe IQは、McCabeの複雑度を使用したツールです。McCabe、Halsteadの指標によるソフトウェア品質計測を行います。モジュールの呼び出し関係(コール、繰り返し、条件)を解析します。フロー図によるプログラム制御構造を解析します。また、フロー図によるテストパスの表示、McCabeの指標によるテストパスの数の計測、テストカバレッジの表示を行います。MC/DC(Modified condition/Decision Coverage)による高信頼性の必要とされるアプリケーションのカバレッジ計測も可能です。アドオンとして、グローバル変数の解析による再利用性の向上、オブジェクト指向の言語のメトリック計測、冗長なコードの発見も行います。
  • Splint(無償)(C向け)
    • Splint.org&notjapan;
      • (抜粋)Splint is a tool for statically checking C programs for security vulnerabilities and coding mistakes.
  • C99 Parser(無償)(C向け)
    • Mario Konrad&notjapan;
      • (抜粋)This tool provides some static code analysis. It is able to parse some preprocessed C source code and generate different graphs from the caputred data.
  • Checkstyle(無償)(Java向け)
    • SourceForge&notjapan;
    • TAKAHASHI, Kazutakaさんの日本語訳(Ver.4.1)など&japan;
      • (抜粋)Checkstyle とは Java ソースファイルが決められた規約に従っているかをチェックする、オープンソースのソフトウェアです。ファイルの行数や空白文字のような、コードの「見た目」に関する規約や、Javadoc コメントや命名規約のような規約類だけでなく、hashCode() を定義せずに equals() だけを定義していないか、定数だけのインタフェースを作っていないか、catch してはならない例外を catch していないかなど、クラスの設計までかかわる、コーディング内容そのもののチェックまでをカバーしようとしています。
    • Checkstyle Island&japan;
  • PMD(無償)(Java向け)
    • SourceForge&notjapan;
    • Syboos.jp&japan;
      • (抜粋)PMDは、Javaソースコードをスキャンします。未使用のローカル変数、パラメータ、プライベートメソッドを発見します。非効率的なコード(String/StringBuffer)を発見します。重複したコード(コピー・アンド・ペースト)を検出します。
    • PMD vs FindBugs&japan;
      • PMDとは、FindBugsと同様Javaのソースコードを解析して潜在的なバグを見つけるツールです。PMDはJavaのソースコードを解析するのに対し、FindBugsはコンパイル後のバイトコードを解析します。
  • Jlint(無償)(Java向け)
    • SourceForge&notjapan;
    • TAKAHASHI, Toruさんによるガイド&japan;
    • Jlint利用ガイド(野村総合研究所)(PDF)&japan;
      • (抜粋)Jlint とは、コンパイルの通ったJava のソースコードや、バイナリー(クラスファイル)に対して静的解析を行うツールです。ソースコード(.java)の文法を検査し、コンパイラでは発見できないような問題を見つけるAntiCと、バイトコード(.class)を検査し、意味的検証を行うJlint の2 つのプログラムが含まれます。AntiCはのチェック項目は、「トークンのバグ」、「オペレーターの優先順位」、「ステートメントのボディ」に大別されます。Jlintのチェック項目は「デッドロックやrace condition などの同期問題」、「継承による問題」、「境界値チェックや冗長チェックなどのデータフロー」に大別されます。
  • Lint4j(無償)(Java向け)
    • jutils.com&notjapan;
      • (抜粋)Lint4j ("Lint for Java") is a static Java source and byte code analyzer that detects locking and threading issues, performance and scalability problems, and checks complex contracts such as Java serialization by performing type, data flow, and lock graph analysis.
  • Enerjy(無償?)(Java向け)
    • Enerjy Software&notjapan;
      • (抜粋)We analyzed hundreds of thousands of Java source code files to identify the metrics that are the best predictors of bugs. The result is Enerjy.
  • FTNCHEK(FORTRAN向け)
    • Fordham University&notjapan;
      • (抜粋)ftnchek is a static analyzer for Fortran 77 programs. For example, variables which are never used may indicate some omission in the program; uninitialized variables contain garbage which may cause incorrect results to be calculated; and variables which are not declared may not have the intended type.
  • SIMPLIA/Searchparty(COBOL, JCL向け)
    • 富士通&japan;/searchparty_pc.html
      • (抜粋)SIMPLIA/Searchpartyは、影響検索ツールです。仕様変更や障害発生に対して、漏れのない影響範囲検索を実現します。検索結果はソースビューアでマーキング表示します。

テスト設計/実装支援ツール

  • Perfect Pass(状態遷移テスト向け)
    • キャッツ&japan;
      • (抜粋)本ツールでは、既にUMLで標準化されている「ステートチャート」や、事象(Event)と状態(State)を網羅的に記述でき、設計のモレヌケを防止できる「状態遷移表」から試験仕様(試験経路)を自動抽出することができます。
  • T-VEC
    • 富士設備工業&japan; / T-VEC&notjapan;
      • (抜粋)T-VECはフォーマルメソッドを利用したモデルベース検証ツールです。要求モデル(TTM)やデザインモデル(Simulink/Stateflow)を解析しモデル上の欠陥を抽出。解析の結果得られる入力値と期待値をテストベクタとして、ソースやオブジェクトコードがモデルと一致しているか、コードに欠陥が無いかを検証出来ることが特徴です。
  • Conformiq(状態遷移テスト向け)
    • エーアイコーポレーション&japan; / Conformiq&notjapan;
      • (抜粋)Conformiqは、状態遷移モデルベースのテスト設計および自動テスト実行のためのソリューションです。ステートチャートからインタラクティブにテストを実行できます。自動テストデータ組合せを行います。
  • Telelogic Tester(TTCN-3向け)
    • 日本テレロジック&japan; / Telelogic.com&notjapan;
      • (抜粋)Telelogic Testerは、ソフトウェア開発ライフサイクルのシステムテストおよびインテグレーションテスト向けの TTCN 3 ベースのソフトウェア・テスト・ツールです。Tester の自動化されたテスト機能は、そのまま使用することができます。
  • CaseMaker
    • CaseMaker International&notjapan;
      • (抜粋)CaseMaker supports systematically the test cases design and test data generation by covering the techniques: Equivalence Partitoning, Boundary Check, Error Guessing, Decision Tables and Pairwise Testing. Furthermore risk based testing is supported.
  • CTE/XL(Classification Tree法向け)(無償)
    • http://www.systematic-testing.com/functional_testing/cte_main.php?cte=1&notjapan;
      • (JSTQB用語集より)classification tree method:ブラックボックステスト設計技法の1つ。 分類木を使ってテストケ−スを記述し、入力領域や出力領域の代表値を組合わせて実行することを目的とする。
      • (にしの勝手な説明)CTE/XLは、Classification Treeを作成することにより、テストケースの生成支援や組み合わせテストケースの自動生成を行います。
  • PictMaster(組み合わせテスト設計向け:All pair法系)(無償)
    • SourceForge.JP&japan;
      • (抜粋)ソフトウェアの組み合わせテストケースをExcel上で自動生成するPictMasterという名前のBookを開発します。テストケース生成のエンジン部分はオールペア法(All-pair法)を採用したMicrosoftのフリーソフトであるPICTを利用します。
    • PICTとPictMasterのための活用情報集
  • AETG(組み合わせテスト設計向け:All pair法系)
    • Telcordia Technologies&notjapan;
      • (抜粋)The AETG Web Service generates test cases. It uses combinatorial design techniques to find a minimal test-case set that covers all pairwise interactions among input values.
  • jenny(組み合わせテスト設計向け:All pair法系)(無償)
    • Bob Jenkins' Web Site&notjapan;
      • (抜粋)jenny is tool for generating regression tests. It can guarantee pairwise testing of all features that can be used together, and it can avoid those feature combinations that cannot.
  • ALLPAIRS(組み合わせテスト設計向け:All pair法系)(無償)
    • Satisfice&notjapan;
      • (抜粋)you could create tests that pair each value of each of the variables with each value of each other variable at least once. Allpairs is a tool I wrote that will find a reasonably small set of test cases to satisfy that coverage standard. Allpairs is a command-line executable based on a Perl script. Source is included.
  • AssistAllpair(組み合わせテスト設計向け:All pair法系)(無償)
    • Vector&japan;
      • (抜粋)Pairwiseテストケース生成ツールの利用を支援するExcelアドイン。コマンドラインベースで動作するテストケース生成ツールのExcelフロントエンドです。Excelワークシート上の操作だけでテストケースを生成します。本ツール単体では動作しません。ALLPAIRSまたはPICTをダウンロードしてください。
  • 直交表作成プログラム(組み合わせテスト設計向け:直交配列表)(無償)
    • 池田データメーション研究所&japan;
      • (抜粋)このプログラムは、少ない実験回数で、的確な実験を行う時、実験の組合せを割り付けるときに使用します。基本となるL4,L9,L12をもとに、それぞれの系列の直交表が作成できます。
  • SIMPLIA/TF-LINDA
    • 富士通&japan;
      • (抜粋)SIMPLIA/TF-LINDAは、アプリケーションプログラムを作成することなく、テストデータを汎用的に作成できるテストデータ作成支援ツールです。データ項目単位にデータ生成条件を指定することにより、テストデータを自動生成することができます。
  • TD-ORACLE(ORACLE 向けテストデータ作成)
    • Vector&japan;
      • (抜粋)テストデータを自由自在に何件でも作成できます。データは、項目毎に設定。(設定しなければ空白または0)設定は、固定データ・連番・ランダム・SQL文の中から選択します。特にSQL文を使えば他テーブルのデータを代入できます。また、既にあるデータに対して任意のデータを書き込む「データ更新」機能も備えています。
  • FileGen(テストデータファイル作成)
    • Vector&japan;
      • (抜粋)FileGenは、指定されたサイズのファイルを生成するツールで、プログラムテストに使用する入力ファイルを簡単に作成できます。数百ギガバイト以上のファイルでも、作るだけなら瞬時に作成できます。既存ファイルを元に、何度も繰り返して大きなファイルを作成できます。乱数データでファイルを作成できます。レコードごとに連番や改行をふれます。

エラー検出ツール

  • IBM Rational PurifyPlus
    • 日本IBM&japan; / IBM.com&notjapan;
      • (抜粋)Rational PurifyPlusは、Windows、LinuxおよびUNIXベースの自動ランタイム分析ツールのフルセットです。Java, Visual C/C++, C#, Visual Basic.NETおよびVisual Basicのアプリケーション向けに設計されています。メモリーの破損検出、メモリー・リークの検出、パフォーマンス・プロファイリング、コード・カバレッジ分析を行います。
  • DevPartner
    • 日本コンピュウェア&japan; / Compuware.com&notjapan;
      • (抜粋)DevPartner Studioは、静的ソースコード解析、パフォーマンス分析、メモリ分析、カバレッジ分析、実行時エラー検出などで構成され、コーディングからテストまで各工程をトータルにサポートしています。
  • insure++
    • Techmatrix&japan; / Parasoft&notjapan;
      • (抜粋)Insure++ は、C/C++アプリケーションのランタイムエラーを自動的に検出する開発支援ツールです。 メモリ破壊 、 メモリリーク 、 ポインターエラー 、 I/Oエラー といっ たC/C++特有の検出困難なエラーをプログラムの実行時に自動的に検出します。
  • JProbe
    • グレープシティ&japan; / Quest Software&notjapan;
      • (抜粋)JProbeは、Java EEアプリケーション開発の過程で発生しうるさまざまな品質上のトラブルに対し、原因特定に必要な情報を的確に示し、スピーディな解決へと導きます。ボトルネックの特定、オブジェクトの過剰割り当ての調査、デッドロックの検出、メモリリークの調査、メモリの参照障害の特定、未テストコードの検出を行います。
  • BugBusters 動体チェックツール for C/C++
    • ソフトウェア興業&japan;
      • (抜粋)動体チェックツール for C/C++は、実際に動作しているプログラムの実行状態の変化をリアルタイムで監視するツールです。「関数監視機能」、「メモリ監視機能」、「ポイント監視機能」、「範囲外アクセス監視機能」、「カバレッジ監視機能」の5つの機能があります。

パス解析ツール

  • SIMPLIA/TF-EXCOUNTER(COBOL, Java向け)
    • 富士通
      • (抜粋)SIMPLIA/TF-EXCOUNTERは、実行網羅率測定ツールです。命令実行網羅率(記述命令に占める実行命令の割合)を計測します。
  • PadCoverage for Visual Basic 6.0(VB向け)
    • 茨城日立情報サービス&japan;
      • PadCoverageはカバレッジを取得することによってアプリケーションを動的に解析するツールです。カバレッジは、テストを実施したときに通過したコード(行)の率を表すものです。
  • Cobertura(Java向け)(無償)
    • s-owashi@nifty.comさんのサイトhttp://hpcgi2.nifty.com/owa4/wiki/wiki.cgi?p=Cobertura&japan; / SourceForge&notjapan;
      • (抜粋)Coberturaは、Javaプログラムのテスト・カバレッジを計測するためのツールです。作成したプログラムのクラス・ファイル内に独自のコードを追加することで、プログラムが実行された際のステップの監視/検出を行います。その結果は、HTML(あるいはXML)形式のファイルとして出力されるため、Webブラウザを用いてビジュアルに確認することが可能です。なお、同ツールには、コマンドラインからと、Antのタスクからの実行が可能で、用途に応じて使い分けることができます。
  • EMMA(無償)
    • SourceForge&notjapan;
    • 気の向くままに・・・&japan;
      • (抜粋)Javaプログラムのカバレッジツールの1つ。実際にアプリケーションを稼動させながらカバレッジのデータを収集できる。例えば、サーバーアプリケーションを実際にTomcatなどの上で動かした状態でデータを収集可能。実際のユーザー操作に基づいたカバレッジの追跡が可能。単体テストを想定していない作りのアプリケーションにおけるカバレッジの測定も可能。JDK5.0でコンパイルしたプログラムも処理可能。
  • gcov(無償)
    • jp.freebsd.org&japan; / gnu.org&notjapan;
      • (抜粋)gcov はテストカバレッジプログラムです。利用者のプログラムを解析して、より効率的でより速い実行コードを作成することを助けるために、利用者のプログラムのテストされていない部分を発見するために、GCC と協調して使用します。利用者の最適化の努力が利用者のコードに最もよく影響する場所を発見することを助けるプロファイリングツールとして gcov を使用することができます。また、利用者のコード使用のどの部分で最も計算時間を使用しているかを評価する他のプロファイリングツール、gprof とともに gcov を使用することもできます。

性能測定ツール

  • VTune
    • インテル&jaapn / Intel.com&notjapan;
    • エクセルソフト&japan;
      • (抜粋)インテルVTuneパフォーマンス・アナライザーは、システム全体を対象に特定の関数、モジュール、命令までを分析してソフトウェアのパフォーマンス上のボトルネックを見つけ出します。ソースへ素早くドリルダウンして、問題となるコード行を特定できます。
  • SystemDirector mevalet
    • NEC&japan;
      • (抜粋)SystemDirector mevalet は、システム性能の分析・測定を支援するツールです。イベントトレース方式により、CPU、DISK、Network の負荷を含めた、システムの動作を表示可能です。

特定用途向けテストツール

  • Fortify SCA/Tracer(セキュリティ向け)
    • フォーティファイ・ソフトウェア&japan; / Fortify.com&notjapan;
      • (抜粋)SCAは、ソフトウェアのソースコードを多角的に分析し、そこに潜む脆弱性を正確にかつ、効率的に発見、修正することができるソフトウェアです。Tracerは、アプリケーションの内部構造を分析し、機能テストを行いながら、脆弱性やバグを発見します。内部構造の分析を行うため、従来のペネトレーションテストに比べてより詳細で深い検証を行うことができます。
  • SOA Test(SOA向け)
    • Techmatrix&japan; / Parasoft&notjapan;
      • (抜粋)SOAtest は、 WSDL の検証から Web サービスの相互運用性、クライアント / サーバーの単体テスト、機能テスト、パフォーマンステスト、さらにはセキュリティ検証まで、さまざまな角度から Web サービスを検証します。
  • Oracle Real Application Testing(DB向け)
    • 日本オラクル&japan; / Oracle.com&notjapan;
      • (抜粋)Oracle Real Application Testingでは、ワークロードの取得およびリプレイ機能とSQL Performance Analyzerを組み合わせることによって、変更を実際のワークロードに対してテストし、変更を本番に移す前の調整が可能です。
  • リアルタイムファンクションテスター(組込み向け)
    • ガイオテクノロジー&japan;
      • (抜粋)他のマイコンからのコマンドで動作する制御ユニットを対象に、外部からテスト信号やコマンドを入力し、動作結果をロギングする自動テストシステムです。複数のMPU間の通信により実現されているシステムにおいて、他のMPUのエミュレーションを行い、テストに必要なデータコマンドを自由に生成して自動テストを実現します。ターゲットの持つIFにカスタムIFユニットを介して、テスト制御コマンドを送信し動作結果をロギングする、自動テストシーケンサアプリを備えています。
  • PlumHall Compiler Validation Suites(コンパイラ向け)
    • 日本ノーベル&japan; / Plum Hall&notjapan;
      • (抜粋)コンパイラの不具合発見とANSI/ISO C標準との対応確認を目的とした、 ANSI/ISO委員のThomas Plum氏 制作によるコンパイラ専用のテストスイートです。
  • μITRON4.0評価システム(リアルタイムOS向け)
    • 日本ノーベル&japan;
      • (抜粋)μITRON4.0仕様の組込みOSの機能を自動評価して、OSの効率的な検定、品質評価を実現するテストスィートです。お客様のItronカーネルが μITRON 4.0 仕様に準拠しているかどうかをテストします。
  • XPS(プリンタ向けテストツール)
    • エムテクス&japan; / QualityLogic&notjapan;
      • (抜粋)ATS(Application Test Suite)は、主要アプリケーションで作成した総合的なテストページ集となっており、開発中のプリンタにおけるアプリケーションの印字機能を実行します。CET(Comprehensive Emulation Test)は、プリンタエミュレーションの互換性のテストスイートです。FTS(Functional Test Suite)は、言語やプロトコルの中の全てのコマンドを出来るだけ少ないページで試験します。
  • 日本語対応PTestCase(プリンタ向けテストツール)
    • エムテクス&japan;
      • (抜粋)日本語PTestCaseは、プリンタ・アプリケーション・テスト・ケースの略です。アプリケーションで利用されている印刷機能を活用して、テストページを文字、図形、画像、フォント、ウェブ、レポートなどのテストフェースに分類しまして、テストページとして提供し、アプリケーションの印刷機能を再現します。内容は各アプリケーション別に、印刷機能を総合的に分類したチェックリストに基づいて設計したテストページが含まれます。主にWindowsにおける印刷機能を制御するプリンタドライバをテスト対象にします。

未整理



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-07-20 (日) 23:10:56 (3769d)